FC2ブログ
2018.10.05 ぽぽ、入院
ぽぽは入院しました。


症状は嘔吐、下痢、食欲不振です。
発熱、黄疸、腹水なし。
昨日、動物病院で皮下輸液と制吐剤の注射を
してもらいましたが、帰宅後も症状は
変わりませんでした。
強制的に水分とふやかしたフードを摂取させ
ましたが、直後に嘔吐し、自宅での管理は
難しいと判断しました。
たかが静脈輸液程度のために入院させるのは
忍びなかったですが、猫の場合は仕方ありません。



IMG_20181005_182412.jpg
今日の血液データ




血液データがきれいなのです。
ワイセ(白血球)もほぼ基準値。
腎臓も肝臓もデータは問題ありません。
獣医さんから、点滴や制吐剤、胃薬での治療で
効果がない場合は、先天性抗体異常を疑って
ステロイド治療をしてみましょうと提案されています。
帰宅後インターネットであれこれ検索して、
獣医さんが何の疾患を可能性に入れているか、
予想がつきました。


おそらく、潰瘍性大腸炎です。


人間の症例さんは数名知っています。
私の知っている方達はある日突然発症したそうで、
発症から何年たってもその時のエピソードが
忘れられないほど、痛く、苦しい病気のようです。
人間の場合は難病に指定されており、完治する
というよりは症状の寛解を維持することが
大切になってきます。
私の知り合いは今はすっかり寛解しており、飲み会で
酔って大はしゃぎするほど元気になっています。
発症時はひどい痛みでのたうち回って、数か月
入院してメンタルも不安定になって…。それが
今では、バリバリと仕事をこなしてふっくらしています。


そう。


悲観することはありません。



ぽぽだって、ぽぽだって、きっと
良くなるはずです。




IMG_3316.jpg
ぽぽ、我が家に来たばかりの頃




体が弱いことは説明を受けて納得したうえで、
私たちはぽぽを譲り受けました。
私たちは彼女のケアをする覚悟が十分にあります。
ぽぽは明日、退院予定です。
早く会いたいです。


応援よろしくお願いします=ΦωΦ=

人気ブログランキング

スポンサーサイト